ロリポップサーバーのプラン比較と選び方、ワードプレスにおすすめプラン

ロリポップサーバーのプラン比較と選び方、ワードプレスにおすすめプラン

この記事では、ロリポップのプランの比較と選び方、おすすめのプランを紹介しています。比較する基準がないと選び方も分からないですよね!

レンタルサーバーはいくつか種類がありますが、はじめてワードプレスを利用する方におすすめのサーバーは「ロリポップ」です。

理由は、何と言っても料金が安いこと、それにワードプレスを使うのに容量も十分だからです。

ロリポップを利用されるという方にはこのサイトで独自ドメインの取得方法・設定方法からワードプレスの設定や使い方、カスタマイズまで全て画像付きで解説していくので是非にお役立てください。

ロリポップのプラン比較の前にキャンペーンを確認しておく

ロリポップに限らずレンタルサーバーの契約する際には、初期費用が必要となります。携帯・スマホの契約時にかかる事務手数料と同じようなものです。

この初期費用は契約時に1回支払うだけで、契約更新時に新たに必要となるものではありません。

ちなみにロリップの初期費用は「エコノミー、ライト、スタンダードプランが1,500円」に、「エンタープライズプランが3,000円」に設定されています(2019年4月1日時点)。

ただし、ロリポップは初期費用の半額キャンペーンを実施していることがあります。これを逃すと損をするので、ロリポップでワードプレスをはじめようとお考えの方は、キャンペーン期間を確認しておきましょう。こまめにチェックすると得をします。

ロリポップのサイトからキャンペーンの期間をチェック

私がはじめてロリポップサーバーと契約した時には初期費用半額でした。

ロリポップサーバーのプラン選びで知っておくべき3つのこと

ロリポップサーバーのプランを選ぶ上で知っておいて欲しいことが、3つあります。

  1. ワードプレスを始めるにはデータベース(MySQL)が必要!
  2. サブドメインについて
  3. マルチドメインについて

この3つについて順に解説します。

データベース(MySQL)について

ワードプレスを利用するためには「データベース」が必要になります。このデータベースのことを「MySQL」と呼びます。

「データベース?MySQL?なにそれ!!やっぱりワードプレスは難しい!」とお思いになった方もいらっしゃるかもしれません。

ワードプレスに限らず初見の横文字を見ると誰もが拒絶反応を起こしてしまいがちです。

しかし、ご安心ください。

現時点ではMySQLの内容を明確にしておく必要はありません。

ここで大切なのは「ワードプレスをはじめるためには、データベースが必要で、それをMySQLと呼ぶ」ということなので、覚えておいてください。

MySQLを勉強していく必要はある?

ワードプレスでサイトをはじめて作る段階では、MySQLのことを詳しく知っておく必要がないことは、さきほどご説明した通りです。

では、今後MySQLを勉強しなければならないかというと、そういうわけでもありません。

日記風のブログサイトやアフィリエイトサイト、小規模なコーポレートサイト、ポートフォーリオサイトなどをワードプレスで運用していく限りでは、MySQLを知らなくても特に困ることはありません。

サブドメインについて

サブドメインとは1つの親ドメインで複数の子ドメインを作るこです。

例えば「abc.jp/」という独自ドメインを取得した場合、「https://abc.jp/」というドメイン以外に以下のようなサイトを作ることができます。

  • http://×××/abc.jp/
  • http://●●●/abc.jp/

ドメインを1つ取得しておけば、「×××」や「●●●」の部分に好きな文字を入れて複数のサイトを作る事ができます。

サブドメインはサーバーのプランによって何個作れるかの制限があります。

ワードプレスをこれからはじめようとする方にとっては、あまり関係がないようにも感じますが、1つのサイトを作ってそれが軌道に乗ってくると、趣向の違うサイトを作ってみたくなります。

また、複数のサブドメインを使うことでドメインそのものの評価が上がることがあります。

(ここで評価というのは、簡単に言うとグーグル検索で上位に表示される可能性が高くなるという意味です。)

ただし、気をつけておきたいのがサブドメインの1つでスパム行為を行ったり、グーグルからスパムサイトと認定されてしまうと、ドメイン全体がスパムと考えられてしまいます。

最悪、検索結果に表示されないというペナルティーを受けることもあります。

もちろん、普通にワードプレスを運用していれば、ペナルティを受けることもないので大きな問題ではありません。

マルチドメインについて

マルチドメインとは複数の独自ドメインを運用することです。

複数のサイトを運営するという意味ではサブドメインと同じですが、サブドメインはあくまで1つのドメインを運用しています。

マルチドメインもサーバーのプランによっていくつまで使えるのか制限があります。

仮に、マルチドメインが1つだけという制限のあるプランの場合だと、新たに独自ドメインを取得して運用する際には、新たなサーバー契約が必要となります。

ロリポップのサーバープランの比較

ロリポップのサーバープランは次の4つがあります。

  1. エコノミー
  2. ライト
  3. スタンダード
  4. エンタープライズ

ロリポップのサーバープランの月額料金の比較

ロリポップ

エコノミープランを除いて、6ヶ月を超える契約から月額料金がお得になっています。

最初のうちは様子見の意味も含めて、1ヶ月契約を更新し続けるという方法でもよいのですが、長く続けていける目処が立ったところで長期契約に変更しておきましょう

エコノミープラン|ロリポップの料金プラン

エコノミープランにはデータベース(MySQL)がないので、ワードプレスの運用はできません。

ライトプラン|ロリポップの料金プラン

ライトプランは月額300円6ヶ月以上なら250円)でワードプレスを運用することができる格安プランです。

データベース(MySQL) 1個
独自ドメイン 50個
マルチドメイン 50個
サブドメイン 300個
ディスク容量 50GB
転送量 60GB/日
その他 ワードプレスの簡単インストールが使える

データベース(MySQL)が1つあるのでワードプレスを1つ利用できます。厳密に言うと1つのデータベースに複数のワードプレスをインストールしてもいいのですが、表示の遅いサイトになるのでおすすめできません。

ワードプレスを1つだけ使用することができるので、運用するサイトも1つです。

趣味や勉強でWEBサイトを作るならこのプランで十分です。

しかし、将来はマネタイズ(収益化)しようと考えているなら、このプランでは足りないので、次のスタンダードプランをお勧めします

スタンダードプラン|ロリポップの料金プラン

スタンダードプランは月額600円6ヶ月以上なら500円)でワードプレスをがっつり運用することができるプランです。

データベース(MySQL) 30個
独自ドメイン 100個
マルチドメイン 100個
サブドメイン 500個
ディスク容量 120GB
転送量 100GB/日
その他 ワードプレスの簡単インストールが使える
電話サポートあり

ライトプランはデータベース1個でしたが、このスタンダードプランは30個のデータベースが用意されています。

ワードプレスを30個運用できます。

はじめてワードプレスを利用するときは、複数のサイトを運用なんて想像できませんが、1つのサイトをきちんと作ると2つ目、3つ目は早く簡単に作れるようになります。

ワードプレスでお金を稼げたらいいなあとお考えの方にとっても、複数のサイトを運用する余地があったほうがいいので、私はこのプランをおすすめします

また、このスタンダードプランから電話サポートが付加されているのも魅力です。

私は6年ほどロリポップサーバーでワードプレスを運用していますが、2回ほど電話サポートのお世話になりました。

自分ではどうにもできないトラブルだったので、困った時の強い味方として電話サポートがあるのは安心です。

エンタープライズプラン|ロリポップの料金プラン

エンタープライズプランは月額2,300円6ヶ月以上なら2,000円)でワードプレスをがっつり運用することができるプランです。

データベース(MySQL) 100個
独自ドメイン 無制限
マルチドメイン 無制限
サブドメイン 500個
ディスク容量 400GB
転送量 無制限
その他 ワードプレスの簡単インストールが使える
電話サポートあり

エンタープライズプランは大規模ビジネスサイトを運用するのに最適なプランです。

そのためこれまで見てきたどのプランよりも豪華な内容です。その分、月額料金も高めに設定されています。

ただ、はじめてワードプレスを運用するならこのプラン内容は必要ありませんし、20〜30個程度のサイト運用ならスタンダードプランで十分です。

もし、1000記事以上のサイトを30個〜運用するならエンタープライズプランやエックスサーバーのビジネスプランを比較・検討した方がよいでしょう。

私も500記事程度の個人用サイトはロリポップのスタンダードプランで、事業用の5000記事程度のサイトはエックスサーバーで運用といった感じで使い分けています。

後からプラン変更もできるが注意が必要なことも

ロリポップサーバーのプランは、契約後に変更することもできます。

ただし、変更できるのは上位プランにする場合に限られます。

例えば「ライトプラン」から「スタンダードプラン」への変更はできますが、「スタンダード」から「ライトプラン」には変更できません。

※10日間の無料期間中は自由にプラン変更が可能となっています。

最後に

ここまでロリポップサーバーのプランをご紹介しましたが、迷ったら「スタンダードプラン」をオススメします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL