ジャパネットたかたの高田前社長から学ぶライティングの基本

人間味のある平易な言葉で具体的にライティングすること

ジャパネットたかたの高田社長をご存知ですか?テレビショッピングやラジオショッピングで一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか?一度でも高田社長のセールストークを聞けば、なかなか忘れなれないですよね。

全国ネットでも堂々と佐世保訛りで、商品のポイントを絞って平易な言葉で、大事なこと伝えたいことは大きな声で何度も繰り返す、あのセールストークをそのままライティングに活かせばいいのです。

人間味のある平易な言葉

高田社長の佐世保訛りを聞くと不思議と安心します。故郷の友人と久しぶりに話したような懐かしさもあります。

訛りは相手に人間らしさと親しみを言外に伝えています。

やけん書き言葉でも訛りで書けっちことやないけん。勘違いせんじょってな。だいたい方言で書いちから何書いちょんかいっちょんわからんやろ。何書いちょんかわからんもん読んじょってもよだきいだけやしな。

ちなみにこれは私の故郷の大分弁で書いています。これをご覧の大分出身者の方にはこのサイトがとても身近なものに感じていただけたと思いますが、それ以外の方には、ちょっと何言ってるかわからない状態だと思います。

ここで人間味というのは専門用語や横文字を極力使わずに平易な言葉でライティングすることで表現することができます。

具体的な言葉

例えば、「WordPressはSEO対策に効果的です」と書くよりも、「WordPressで作ったWebサイトは、Google検索で上位に表示されます」と書いた方が分かりやすいでしょう。

さらに、「WordPressで作ったWebサイトは、Google検索で上位に表示されるのでサイトへの訪問者が多くなり、貴社の売上アップが期待できます。」と一歩踏み込んだ内容を書くとユーザーの興味を引くことができます。

わかりやすく書こうとすれば自然と文字数が増えてきます。専門用語を使わずに平易な言葉で言い換えるとやはり文字数が増えてきます。

SEO対策の一つに記事の文字数は最低2,000文字以上にしましょう、というのがあります。

原稿用紙5枚分の文章なんて書けないよ……としり込みするかもしれませんが、読む人の立場に立って、具体的で平易な言葉で文章を書いていれば2,000文字くらいあっという間です。

説明の仕方というのはひとそれぞれに異なります。それは、物事の理解の仕方がひとそれぞれ異なっているからです。

「WordPressはSEO対策に効果的です」という文章も人それぞれに理解の仕方がことなるので、よりわかりやすく具体的に書こうとすれば、書く人ごとに異なる文章となります。

これが個性となって人間味となります。

人間味のある文章を書くことで親しみを感じてもらえます。なかにはファンになって何度もあなたのサイトを訪れるようにもなります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL